Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬嫌いは誰が作るか

なかなか思うように書けなくて放置していたのですが、いつまでも放っておくのもアレなので思い切って書いちゃいます。
こんなことが犬嫌いを作っちゃってるかもよ!?という一考察ってお話です。
さて、上手く書けるかな??

昨年の秋頃、突然散歩コースにこんな貼り紙が登場しました。
犬嫌いは誰が作るか
写真はこれ一枚きりですが別の文言もあり、合わせて計3枚。
本当に困っておられるのでしょうね。

ここがどういう場所かというと、上手に入れれば軽自動車なら2台は置けそうな土地。
一見すると空き地の様ですが、よ~く見れば奥にあるお宅の玄関先だと分かります。
本当はよく見なくても分かるんですけど。

こういう貼り紙がされるくらい犬の落し物が多いんでしょうね。
そして拾わない人が多いと。
自分の敷地にゴミが落ちてたらイヤですよね。
自分が落としたゴミじゃないけど拾って捨てますよね。イヤだけど。
それが犬のフンだったら、もっとイヤですよね。汚いし臭いし。
毎日掃除していたのかな?
毎日じゃなくても掃除するたびにフンが落ちてたらゲンナリしますよね。
そのうちバカバカしくなってきたり、腹が立ってきたりするでしょうね。
そんな気持ちで貼り紙しただろうことは簡単に想像がつきます。
私だったら怒り心頭コースだもの。もっと乱暴に書いていたに違いない。
これで落し物が減るといいのですが…。

注意しても改善されない状態が続くと、犬を連れた人だけでなく犬そのものすら見るのもイヤになって来ます。犬を飼ってる私ですら、何度注意しても聞いてくれない飼い主さんの犬と同犬種をよそで見ると「うへぇ(´Д`)」ってなるくらいですから。
そういう時は「犬に罪はない。悪いのは飼い主」と言い聞かせるのですが、もともと犬が好きでなかった人はどう思うのかな?犬嫌いが加速しなければいいんだけど…と思うのです。

↓へ続く。
人気ブログランキングへ ←ランキング参加中です

犬嫌いは誰が作るか
この写真は前にInstagramにアップしたものですが、後ろに写っている電柱の貼り紙は動物病院からのお知らせです。
“オシッコしちゃったら掃除して帰ってね。お水は病院に置いてあるよ”
というようなことが書いてあります。
病院がある商店街の電柱にはこれが漏れなく貼られているのですが、八百屋さんの前にも貼られていた時は「こんな所でシッコさせちゃうの!?」とドびっくりしました。
少し無頓着すぎやしませんかね?

ちなみに上の写真は病院に行くのをイヤがるぺこです。
必死で抵抗中なのだ▼-ω-▼

ある飼い主さんは、散歩道で犬がオシッコした際に「うちの植木にさせないで」と注意を受けたそうです。公道に面した場所とは言え、その植木はその家のお庭の一部だったんですね。その飼い主さんは「なかなか難しいものですね。考えさせられました。」と話しておられました。

犬を連れているとついつい自分たちの事で一杯一杯になってしまいがちですが、自分がどこのどんな場所で何をしているのか。神経質になる必要はないけれど、ほんの少し頭の片隅に置いておくことが大事なのかもしれません。
ぺこ地方のように住宅街を散歩する場合は特に。

無用なトラブルに巻き込まれるのも、お互いにイヤな思いをするのも、知らぬ間に自分が犬嫌いを増やす手伝いもしたくはないですよね。
動物が好きで犬も好きな私としては、犬を嫌いな人が増えるのは悲しい事です。
犬嫌いを増やさずペットライフを満喫出来るよう日々精進したいと思います(`・ω・´)ゞ

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shikimoridog.blog.fc2.com/tb.php/197-f9eabcc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ぺこかぁ

Author:ぺこかぁ
東京都在住。
すっとこどっこいな嫁と、
ウチの子No1の旦那。
そして年中腹ペコ腹減らしな
ミニチュア・ピンシャーのぺこ(♀)
2人と1匹暮らしです。

カウンター

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ぺこかぁアルバム

my365
■ WEBSTA
スマホで撮った写真が色々。

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。